即日50万借りる方法と審査のポイント

MENU

即日50万借りる方法と審査のポイント

即日50万借りる方法と審査のポイント

自分に合った手段を選択しよう

50万円を「即日借りる方法」を探すのであれば、現状で最も汎用性が高く期待度もあるものとしては「カードローン」でしょう。知っての通り、カードローンを利用する為には「審査」があり、これをパスすることが出来なければどれ程強く利用を望んだとしても、どれ程追い込まれた状況にあったとしてもお金を借りることは叶いません。しかも、希望数金額が1万円ならまだしも50万円もの大金を借りようとしている訳ですから、カードローン会社としても申込者が切迫した状況にあることは容易に想像できます。カードローン会社が申込者を評価する上でのポイントは次項で説明するとして、少なくとも「お金に困っている人」と言う評価は揺るぎません。

カードローンを利用する人の全てがお金に困って利用しているとは限りませんが、少なくとも50万円もの大金を借りようとしている人の多くがそうであることは間違いないと言えるでしょう。また、50万円の借入れを実現する為には「どのような方法で融資を申し込むのか」も重要なポイントになります。なぜかと言うと、現在のカードローンを利用する時の状況としては「総量規制」の影響を無視することが出来ない為、申込者本人の年収如何によっては50万円どころか10万円以下の融資ですら難しくなってしまうこともあり得るからです。総量規制の対象となるカードローンを利用して50万円の融資を希望する場合、年収は少なくとも150万円(理想は200万円)以上あることが必要です。

総量規制対象となるカードローンを利用する場合、設定される上限金額は「年収の1/3まで」と制限されているため、最低でも50万円の3倍以上の年収があることが必要です。つまり、年収150万円以下の人が50万円の融資を希望したところで「総量規制対象のカードローンでは」実現することが不可能(基本的に)となる為、その状況であれば年収150万円以下でも融資が実現できるカードローンを選択する必要が出てきます。

総量規制対象となる場合には不可能な可能性が高くとも、逆に言えば総量規制対象とならないカードローンであれば十分に可能性があると言うことになります。総量規制対象外のカードローンであれば具体的な貸し付け上限は設けられていない為、貸す側がどのような判断をするかに全てがかかっています。上手に状況を説明して理解を得られさえすれば、場合によっては年収並みの借入れも可能です。

 

どうすれば融資が受けられるのか

カードローン審査をクリアする為のポイントとなるのは、「年収」、「勤務先の状況」、「債務状況」、「過去の信用取引履歴」などです。この他にも様々な要因が結果に影響を与えますが、中でも大きな要因と言えるのがこの4つです。まず「年収」に関してですが、これは前項でも紹介している通り総量規制に対するものと、それ以外に「生活レベルを計る」と言う意味で関係してきます。当然ながら年収が多ければ多いほど借りることが出来る可能性も高くなるのですが、年収1000万円の人が10万円の融資を断れてしまい、年収100万円の人が30万円の融資が実現すると言う可能性も十分にあります。

年収だけで借りることが出来るかどうかが決定している訳では無いので当然ですが、大いに越したことは無いにしても「多ければ確実に借りることが出来る訳でもない」と言うことは覚えておく必要があるでしょう。ともかく、まずは総量規制を意識して必要な金額を借りるだけの年収があるかどうかを見ていくと良いでしょう。次に「勤務先の状況」に関してですが、これは勤務先の規模や今後の成長見込み、会社での地位・役職、昇給具合など様々なものが関係してきます。一見すると関係が無いように思われることも少なくないのですが、もしも融資決定が微妙なラインで揺れている状況であればこうした要素が大きな影響を持ってきます。

勤務先の社会的信用などは個人でどうこうできるものではありませんが、一応の知識として「大企業ほど融資が決定されやすい」と言うことは覚えておきましょう。ただ、だからと言って中小企業は圧倒的に不利になると言うことは無いので安心してください。その他、「債務状況」や「過去の信用履歴」に関しては、無ければないほどプラス要因となります。債務は住宅ローンやマイカーローンと言ったものは含まず、あくまでもフリーローンの債務状況が結果に影響してきます。つまり、初めてカードローンを利用する状況であれば気にする必要はありませんが、過去に利用したことがある場合には現在の残債状況や過去どのような取引状況だったのかが関係してきます。

健全な履歴が残されていればプラス要素として生きてきますが、延滞や遅延があった場合にはマイナス要素となってしまう恐れがあります。また、金融事故を起こしたことがある場合も同様で、このような状況であれば基本的には融資が決定しないと思っていた方が良いでしょう。